COWCOWだより 11

COWCOWだより 10

COWCOWだより 9

COWCOWだより 8

COWCOWだより 6

COWCOWだより 5

「無添加・無農薬」とスーパーの比較

先日雑誌を見ていたら、こんな記事が載っていた。『「無添加・無農薬」のネックは価格。家計簿実践2週間』。
無添加・無農薬で2週間生活してみて、それと同じものをスーパーで買ったらいくらになるかというものだった。夫婦と子供3人の5人家族で、結果は「無添加・無農薬」57千円、普段買い物をしているスーパーで同じ食材を同じ分量を買ったとして計算すると28386円。約2倍かかっていた。
こんなに差があるかなあ?と疑問に思いつつ読み進めると、なんとメニューがすごい。2週間で作ったメニューはお好み焼き、ミートソーススパゲティ、ハンバーグ、オムレツ、ロールキャベツ、タラの煮つけ、とんかつ、コロッケ、餃子、豚汁、ラーメン、冷やし中華、チキンライス、うな丼、カレー、シチュー、味噌汁、マーボー豆腐、ポテトサラダ。これじゃ、家庭料理ではなくファミレスメニュー。「カタカナ食」の典型的な悪いメニューのオンパレード。詳しく言うと肉・油が多く、ケチャップ・ソース・マヨネーズといった味の濃い調味料でごまかすような料理。こんな食生活の人ばかりではないと思うが、信じたくないようなメニューだ。こんな食生活をしていれば何十年か先に病気になることは間違いない。第一、子供たちがこれを普通と考えるようになり、子どもが親になった時にこのメニューを食卓に出すことはほぼ間違いなく、次世代にも影響を及ぼす。
 うちも家族5人で無添加・無農薬で生活しているが、こんなにはかからない。2週間ならこの半分だろう。肉をメインにしたり、手をかけすぎるからこんなにかかるんだと思う。
私は、家庭料理は体の調子を整える料理・家族の健康を守る料理にしようと思って献立を立てている。外食で悪いものを取り込むと考え、それらをリセットするメニューであったり、胃や肝臓を休め、必要な微量栄養素(ビタミン・ミネラル・ファイトケミカル)を補給するメニューを考えて作っている。要はごはんに、味噌汁、メインは野菜、魚少々、果物少々、シンプルな調理法で簡単に、を心がけている。
日本には昔から「ハレの日」「ケの日」の考え方がある。おめでたい席のごちそうが「ハレ」。日常が「ケ」。「ハレの日」の食事を毎日続けていれば、いずれ体がおかしくなるのも当然だ。
日常に「ケ」の食事を作っていれば2倍も金額に差は出ない。旬の野菜ならば無農薬であったってそんなに高くない。そして何より医療費がかからない。丈夫な体を作るのは親の役目。子どもの希望ばかりを聞いていれば上記のようなメニューになってしまうかもしれないが、ここは心を鬼にしてでも、何十年後かの自分の子どものために、粗食にしたいものだ。一般の人には粗食は何だか物足りないと写るかもしれないが、私はごちそうと思って食べている。だって無農薬だし、調味料も本物を使っている。「これをごちそうと言わずして何をごちそうと言うんだ」くらいの心意気で生活している(笑)『食は衣・住より格が上』。衣・住は削っても、食の質は落としたくない。そう思って買い物している。
 

たねまきを読もう!

皆さんは“たねまき”をじっくり読んでいますか?
今、この文章を読んでいただいている方は立派な読者ですね。いつも下手な文章を読んでいただき、ありがとうございます。感謝感謝です。
 先日、営業スタッフになる前からためていた、“たねまき”の切り抜き記事を整理し、読んでみた。
もともと食に興味があったので、いろいろな角度からの情報が欲しくて、切り抜いてため込んでいたのだが、営業スタッフになった以上、正確な情報をお伝えするためにもっと勉強しなくては、と思い読み直してみた。
 前から思っていたことではあるが、大変良いことが書いてある。大見出しはもちろんだが、そうでない所にも、いろいろな情報が載っている。しかも考え方が一貫していて、消費者に対しても、生産者に対しても、私たちがいただく生きものに対しても、世界の人々に対しても、虫・草・土・川・海などすべての自然環境に対しても愛情を感じる。
 私たち主婦は、日々の生活に忙しく、なかなか注文書をじっくり読む暇がない。小さい子どもがいればなおさらだ。私もそうだったので、いつかじっくり読もうと思って、何年も記事をためていたわけだ。
でも、改めてその都度読んだほうがいいと思った。ためない方が楽だし、読めるいつかが来るとは限らない。私のように必要に迫られてという人の方が少ないと思う。
 たねまきを読んで、その情報を自分の身にしていけば、自分の中にぶれないものが確立していくと思う。名古屋生活クラブのものを買っていれば、安心安全な品物が手に入り、環境に負荷が少ない商品を選んだことになる。丸投げして暮らすのも悪くはない。しかし、なかなかそうはいかない。私たちが消費者としての実力が試される瞬間は、名古屋生活クラブで買い物する時ではなく、一般のスーパーで買い物する時であり、外食する時だと思う。スーパーで買い物する時に、AとBの商品、どちらを選ぶ?外食する時どの店を選ぶ?その時活躍するのが、生活クラブの情報だと思う。ただ安いからという理由で漫然と選ぶわけではないので、脳はフル活動するだろう。
 こんな偉そうなことを言っているが、年に数回はファーストフード店に行かされる。子どもが景品欲しさにせがむからだ。この時は内心エイヤ!という気持ちだが、子どもが喜ぶので行ってしまう。友達が持っていたりして、完全に親が制するのは難しい。あまり強く否定すれば、友達にいらぬことを言う恐れもある。いろんな意味で良くないことを知ってこわごわ行くのと、何も知らずに何回も行くのとでは、全然意味が違うと思う。1回でも行ってしまえば、何回も行くのと大差がないと言われそうだが、それは違うと思う。現代に生きる人間は、いろんな誘惑や矛盾の中で暮らしている。その現状を認めて、その上でどうするかということが問われている気がする。
 ぜひ、”たねまき”を読んでください。今週はここだけと決めてもいい。難しいところは飛ばして分かるところだけ読んでもいい。忙しくても勉強の時間と思って読んでください。積み重ねればすごい力になります。そして、まだ知らない人に、楽しく伝えてあげてください。何か特別な活動をしなくても、買い物するだけで、人に伝えるだけで立派な活動です。子どもの未来を明るくするために、一緒に勉強しませんか。

いちごの話

先日、家族で温泉に寄ったら、50代くらいの女性4人が楽しそうに話していた。どうやら、女友達4人で旅行に来てホテルに泊まっているらしい。露天風呂で静かな環境だったから、嫌でも4人の会話が耳に飛び込んでくる。「さっき買ったいちごどうした?」「冷蔵庫に入れたよ」「いちごって最近は洗わなくていいらしいよ」「上からぶら下がっていて土に付かないから大丈夫なんだって」と話していた。え〜!うそでしょう。いちごって確かすごい農薬散布回数のはず。『たねまき』に50剤くらいって載っていた気がする。この人たちは農薬を全く気にしていない。農薬よりも土が付くことを気にしている…。絶句してしまった。かといって、知らない人に農薬の話をする勇気もなく、そのまま放置したけれど、一般の人の意識はこんな程度なのか〜と若干ショックだった。
 いい機会だと思い調べてみた。いちごは病気に弱く、一年を通じて農薬を全く使わずに育てることはとても難しく、日本で完全無農薬栽培をしている農園はとても少ないことが分かった。通常農薬使用回数は60回以上。なるべく収穫期には農薬を使わないよう努力している農家もいるらしいが、収穫期に入ってからも灰色かび病防除農薬やうどんこ病防除農薬の使用を国が認めているため、全く無頓着な農家も多いらしい。いちごは他の多くの果実とは異なり散布液を遮る果皮がないのに加え、果実表面は散布液が残りやすい凸凹のある形状をしているため、農薬残留量がどうしても多くなるらしい。徳島県立農業試験場での試験によると、農薬残留量は、散布方法・散布量・残留農薬試験の実施時期などによって大きく異なるため、目の前にあるいちごの残留農薬がどれくらいあるのかは一概には言えず、測ってみないとわからないらしい。一般的に言えることは、収穫期に散布した残留農薬は水洗いにより20〜50%落ちるということ。洗えばある程度は落とせる。でも、逆に言えば、洗っても50〜80%は残る。洗わなければ農薬がそのまま体の中に入るというわけだから、洗わずに食べるなんて恐ろしくてできない。最近のネオニコチノイド系の浸透性農薬は洗っても落ちないタイプだから、この話とは別に考えないといけないのだろう。昔、知らずにいちご狩りに行ってしまったが、あのいちごはどうだったのだろうと思うと怖い。いちご農園の従業員・経営者は農薬のことをどう思っていたのだろう?私たち消費者が食べている姿を見て、どう思っていたのだろう?無頓着だったのか、それとも自分は食べないけど…と思っていたのか。
 幸い、名古屋生活クラブの会員は、志の高い生産者のおかげで、無農薬のいちごが食べられる。少々高価かもしれないが、年数回のお楽しみと思えば、そんなに高価でもない。むしろ、農薬代が上乗せされた市販のいちごの方が割高なのかもしれない。
 あのご婦人たちの中に1人でも農薬について多少の知識がある人がいたならば、話の展開はまるで違ったことだろう。知識のある名古屋生活クラブの会員には、友人に伝える使命がある、とまでは言わないが、伝えることの大切さは頭の片隅に置いておいてほしいなと思う。それが、子どもたちの未来を明るくすることにつながる気がする。びっくりさせず、やんわりと、でも真実を。
 あの露天風呂でのことを思い出し、「う〜ん、あの時言うべきだったか…。やっぱり言えないよな…」。知り合いでもない人に意見するのは、小心者の私にはまだまだ難しい。

認証マーク

世の中にはいくつの認証マークがあるのだろう。私がよく目にするのは「有機JAS」と「トクホ」かな。この認証マークがなかなかくせものであるという話を聞いてきた。
農林水産省のホームページをみると「有機JASマークは農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています」とある。消費者にとってはよさそうなことが書いてある。でも、これを取得するには膨大な資料の提出が義務付けられており、その上けっこうなお金がかかるそうだ。国民の健康のため、国の環境のため、次世代のために農薬などを使わずに頑張っている人たちが、安全なものを作っていることを証明するためにお金を払って苦労するってなんかおかしくない?そう考えると、慣行栽培で農薬をたくさん使っていても「農薬30回撒きました」とは表示しなくてもよく、環境に負荷を与えていても何の責任もとらなくていいこと自体、なんかおかしくない?と思えてくる。
 これらの認証マークは売る方にとっても楽な制度らしい。消費者はマークがないと「これって大丈夫かしら?」と考えるようだが、マークがあると思考が止まってしまい、頭の中が「マークが付いているから大丈夫」に変わってしまうらしい。説明する必要がなくなり手間を省けるので、何としても取ってくれという業者もいると聞いた。確かに有機JASにもいろいろあって、完全無農薬もあれば、有機JAS認定農薬を何回か使ってある場合もある。有機JAS認定商品である事は安全な証拠ではあるが、貼ってあれば、何を使ってあるのかとか、どう安全なのかという疑問は湧いてこなくなる。
 「トクホ」は食品とはいえ工業製品なので、もっとあやしいと思っている。医薬品でもないのに、それを摂って血糖値が下がるとか、中性脂肪が下がるなんて、信じがたい。少なくとも全ての人に同じ効果が出るとは思えない。人それぞれ生活習慣や食べる物が違うから、中には下がる人もいる、くらいのものだろう。割高なので買わないと決めている。
 こう考えると、各種認証マークに惑わされるのではなく、何が良くて何が悪いのかというしっかりとした知識が必要なのだろうと思う。買い物するときは考える時間であり、最大の学びの時間でもある。意識はしてなくても、いろいろなことを天秤にかけて商品を選んでいる。その判断材料を多くして、良いものを選びたい。わからない事が多くて困ることもあるが、疑問に思うことを一つ一つクリアにしていけば、いつか自分の中に核となる知識を身につけられるはず、と思って“たねまき”の記事をじっくり読むようにしている。ぶれない知識がいつか身につくと思うと、何となく楽しくなってくるのは私だけでしょうか。子どものように成長できるって、楽しくないですか?


名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ