東京都の水道汚染 (2011.03.23 22:24)

予想されたこととはいえ、いよいよ首都圏の汚染が始まっています。

(1)既にTVでご存知と思いますが、東京都の水道水から基準(200Bq/kg)を超える 210Bq/kgのヨウ素131が検出され、都はこの上水道を利用している都23区、三鷹市、町田市、多摩市、稲城市に対し、乳児への摂取をやめるよう通達しました。厚生労働省は乳児へのI-131摂取制限値を大人の半分の100Bq/kgで指導しています。

東京都の水道にこうした高濃度のI-131が検出された原因は、3月21日から22日かけて雨が降ったからです。ちょうど放射能の雲が通りかかった時に、雨が降ったようです。その証拠が見つかりました。

東京都の分析結果です。

東京都新宿区百人町で21日午前9時〜22日午前9時に降った雨と降下物の中の測定値:

1m2当たり:I-131(32300Bq)、 Cs-137(5300)でした。

3月19日9時〜3月20日9時の間(雨なし)は、I−131が39.8Bq, Cs−137は不検出でした。

沢山の方々から、どうすればよいのか、と質問が来ています。

私の答えは: 汚染水1リットルに粉末活性炭 1gを入れて1晩置く。ろ過して使用する。

これでほぼ100%とれる筈です。 (ニュースソース:厚生労働省)



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ