ヘリで注水 (2011.03.17 12:44)

本日午前9:48頃から、燃料プールの空焚きが懸念されている、F1-3に対し、自衛隊のヘリコプター2機は計4回のわたって注水しました。注水量は一回当たり7.5トン、合計30トン。

事前の放射線レベル調査で、上空1000フィート(約300m)で4.13/h上空300フィート(90m)で87.7/hだった。この数字を見ると、この付近一帯がかなりの放射能が漂っており、これらが風で各地に運ばれているといえる。

TVで見る限り、注入する筈の海水は多くが建物の周辺や上部に撒き散らされ、燃料プールには入っていないように見える。

果たして効果のほどは?

今後評価して、F1-4にもヘリによる散水を行なう予定。

自衛隊員の被曝限度は100mSvで、昨日改定された原発作業員の500mSvとは大きく違う。これも縦割り行政の現れか。

今後、警視庁機動隊による、F1-3に対する陸上からの注水が始まる。

建屋にあいた穴からピンポイントで注水の予定。建屋から50mの距離から注水可能。放水は1〜2分間。この放水車は通常は、デモ隊などの過激派に対して使われるもの。

F1-5,6も燃料プールの温度が上昇中。現在60〜63度Cでなお上昇中。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ