被曝追加 (2011.03.15 12:34) 

F1周辺の現在の線量は1992年の東海村臨界事故をはるかに上回っています。

当時のデータを添付します。

当時と比べるとレベルも持続時間もはるかに高いです。放射線の種類は東海村臨界事故では中性子が主ですが、今回はガンマ線とベータ線が中心です。

但し、一部で中性子線が微量に検出された、という情報もあります。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ