福島2号 (2011.03.15 9:34)

 F1-2で事態はさらに進行しました。

8時20分頃、爆発音がして格納容器内の「圧力抑制室(圧力容器の逃し弁)」が破壊しました。

これは、格納容器内につながる部屋で、室内圧力を調整するものですが、これが壊れると、圧力容器から漏れる放射能は殆ど外部に漏れることになります。

この爆発音のあと、F1-1正門付近ではでは1941μSv(通常の約3万倍)に上昇。

従業員は注水を続けるスタッフを除いて、全員退避を始めています。これまでで、最悪のシナリオです。

たった今のニュース。

F1-1正門付近で8217μSv/hを検出(通常の11.7万倍)。

なお、注水の結果、炉心は約2.7mまで冠水。

福島第二原発は、注水が成功して、F2-1〜4までが、完全に冷態停止になった。

F2はこれで、終わりです。

F1−2が今後どうなるか注視して下さい。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ