放射線について知ろう【一覧】

放射線に関する論文を紹介します。

■医療用X線の発ガンリスク(2011/11/30)
:イギリス国内では、75才までにガンの内0.6%が医療用X線が原因に...

■ポロニウムと肺ガン(2011/11/25)
:タバコには数多くの毛状突起がある。それは金属を、とくに鉛210とポロニウム210を蓄積する。..

■石炭火力発電所による水産物のポロニウム-210汚染(2011/11/25)
:石炭には、ウランやトリウムなどの微量の放射性物質が含まれています。...

■広島原爆による放射能の研究(2011/11/25)
:広島の爆心地でのセシウム137測定の結果は、爆心地にはほとんどセシウム137の降下が少なかったということです。...

■長期低レベル放射線被曝がもたらす膀胱ガン(2011/9/6)
:長期、低線量の被曝が今までにはなかった膀胱の病気、いわゆるチェルノブイリ膀胱炎を起こしている...

■トロトラスト処置を受けた患者のP53突然変異(2011/9/6)
:トロトラストは、二酸化トリウムを含むコロイドで造影剤として20世紀始めから世界中で使われて...

■食事から摂取されるポロニウム-210とカリウム-40の内部被曝量(2011/9/6)
:食品中のこの天然の放射性物質によるヒト内部被曝は高いと見積もられているが...

■食品と人へのチェルノブイリ放射能汚染 (2011/7/11)
:大人と同じ食事をしても、子供の被曝量は大人の3〜5倍以上になる。...

■チェルノブイリ放射性物質の排出 (2011/7/11)
:セシウムの取り込みを防ぐにはカリウムを、ストロンチウムを防ぐにはカルシウム、プルトニウムを防ぐには3価の鉄が有用だ。...

■チェルノブイリの放射能汚染土地の除染活動 (2011/7/11)
:作物中の放射能量はストロンチウム-90の場合、石灰、カルシウムの散布で可能に、...

■自然放射線とヒトミトコンドリア遺伝子の突然変異 (2011/5/3)
:放射線の専門家が「自然放射線が高い所でも何ら影響がみられていない」と一方的なことを断定しています。が、事実は...

■放射線照射されたマウス子孫の生殖系列突然変異率 (2011/4/28)
:照射によってもたらされた、生殖系列細胞中の遺伝子の不安定性が、少なくとも2世代にわたって持続することは、...

■チェルノブイリ原発事故後の乳ガン (2011/4/28)
:チェルノブイリ事故後にベラルーシとウクライナで乳ガンが増加していると報告されている。...

■チェルノブイリ(事故)後の遺伝子の突然変異率の上昇 (2011/4/28)
:世代を越えて(transgenerational)影響が持続することを示す論文が多数、出されています。...

■低線量被曝後の発ガンリスク (2011/4/28)
:放射線防御の研究は、日本の原爆被曝の生存者の研究に基づいているが、それは、高い線量を被曝した人達が中心でした。...

■放射性ヨウ素131の被曝による甲状腺ガンのリスク (2011/4/7)
:チェルノブイリ原発事故後、汚染地域で子供の甲状腺ガンが大幅に増加したことが報告されている。...

■チェルノブイリの鳥の脳は小さい (2011/4/7)
: 低レベルの放射線は、中枢神経や自律神経などに変化をもたらし、放射性脳傷害を起こしうる。...


名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ