ぬか漬けのコツ(冬の野菜)

道長さんに教えてもらったぬか漬けのレシピです。

 

大根

大根は大きいし、それ自体水分がとても多いものです。そのままぬか漬すると、ぬか床の寿命をおとしてしまいます。そこで・・・

・太目の大根は半分か1/4に縦割りにします
・大根と同量の塩水(3〜3.5%)で一晩下漬け(ポリ袋に入れ、空気を抜いておけばOK)
・大根の水気をふき取って・『つけ太郎ぬか』に漬け込みます
漬けあがりの目安12〜24時間

 

かぶ

・かぶを適当な大きさに切って、塩ずりをしてぬか床に漬けこむ。

・葉は『キャベツ・白菜』の要領で。

 

冬にぬか漬けをする場合、とくにおすすめなのがかぶ。かぶを漬けるとぬか床がぐっとおいしくなります。

 

ぬか漬けをおいしく続ける秘訣:
季節のいろいろな野菜を漬ける
ぬか床を長期間放っておかない
ときどき水分を抜き、新しい米ぬかを追加する
ぬか床を扱うたびにその味を確かめる
夏は『なす』、冬は『かぶ』を漬けるとぬか床がおいしくなります



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ