インスタントラーメン、インスタントスープ

2013年10月2週号に掲載したコラムです。

 世の中にはインスタント食品が溢れている。カップめんにしろ、カップスープにしろ、概ね添加物が多いので、普段は食べないようにしている。でも、どうしても使わざるを得ない場面が私にもある。それはキャンプの時。我が家の子どもは都会っ子。田舎で育った私と主人は、子どもを自然の中に連れ出したくて仕方がない。年2〜3回、山や海や湖に連れ出しテント生活をする。毎回食事の準備に時間をかけられればいいのだが、釣りだの山登りだのに時間をかければ、おのずと料理にかけられる時間は減る。初めから分かっている時は、カレーと炊いたご飯をタッパーに入れて持って行くのだが、全て持って行くというわけにもいかず、どうしてもインスタント物を持参してしまう。また、春・秋のキャンプは予想外に寒いことがある。名古屋は暖かくても、現地の気候は半月早かったり遅かったりして、寒くて寒くて仕方ない時がある。そんな時私達を救ってくれるのが、インスタントのラーメンであったり、スープであったり、コーヒーであったりする。お湯を注ぐだけで体の中から温めてくれる優れものだ。
 いつも思うのだが、キャンプの時の食事と災害時の食事は似ているのだろうと思う。幸いにも災害にあったことがないので、想像でしか語れないが、温かい食べ物が欲しい、早く食べたい、できたら簡単に調理したいというのは同じだろうと思う。3.11の震災の時も、ストックがあったならばインスタント物は活躍したことだろう。
 今回、名古屋生活クラブでノンカップのラーメンやスープの取り扱いが増えた事は、私にとってはとてもありがたいことだ。今まで、添加物は嫌だと思っていても、添加物いっぱいのものしか手に入らないから仕方なくスーパーで購入していたが、これで安心してキャンプや災害時のストックとして購入できる。
うちの長男は、中学に入ってからどうしてもお腹がすくらしく、自分でカップラーメンを買ってくるようになった。あんなに気を付けて育ててきたのに…。制限してきた反動かもしれない。今まで私は「やめなさい」と言い続け、息子はこっそり買い続ける、の繰り返しだったが、今回取り扱ってくれたことで、「これならお母さんも許可できる」と差し出せるようになった。おかげで息子は隠れて買ってくることはなくなり、お互いいい妥協点を見いだせた感じだ。
 自然の食品を丸ごと食べることを勧めている名古屋生活クラブとしては、お手軽商品の取り扱いを即決したわけではないだろう。私も決していいと思っているわけではなく、その通りだと思う。インスタント食品はインスタントであって自然ではない。あくまでお手軽食品で、工業製品だ。でも、どうしても使いたい場面がある以上、安全なものを探して扱ってもらえるのは本当にありがたい。
 私は、インスタント食品を摂って栄養うんぬん言ってはいけない、と思っている。インスタント食品はたとえば調理時間短縮であったり、温かさであったり、手軽さであったり、満腹感であったり、おいしさであったり、栄養以外の何かを満たすものである。そのことを十分わかった上で、添加物の少ないものを、生活に少しだけ取り入れる程度にすれば、健康には問題ないと思っている。それ以上の使い方はやめた方がいい。体を壊す原因になる。
 
 
稲川


名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ