たねまきを読もう!

皆さんは“たねまき”をじっくり読んでいますか?
今、この文章を読んでいただいている方は立派な読者ですね。いつも下手な文章を読んでいただき、ありがとうございます。感謝感謝です。
 先日、営業スタッフになる前からためていた、“たねまき”の切り抜き記事を整理し、読んでみた。
もともと食に興味があったので、いろいろな角度からの情報が欲しくて、切り抜いてため込んでいたのだが、営業スタッフになった以上、正確な情報をお伝えするためにもっと勉強しなくては、と思い読み直してみた。
 前から思っていたことではあるが、大変良いことが書いてある。大見出しはもちろんだが、そうでない所にも、いろいろな情報が載っている。しかも考え方が一貫していて、消費者に対しても、生産者に対しても、私たちがいただく生きものに対しても、世界の人々に対しても、虫・草・土・川・海などすべての自然環境に対しても愛情を感じる。
 私たち主婦は、日々の生活に忙しく、なかなか注文書をじっくり読む暇がない。小さい子どもがいればなおさらだ。私もそうだったので、いつかじっくり読もうと思って、何年も記事をためていたわけだ。
でも、改めてその都度読んだほうがいいと思った。ためない方が楽だし、読めるいつかが来るとは限らない。私のように必要に迫られてという人の方が少ないと思う。
 たねまきを読んで、その情報を自分の身にしていけば、自分の中にぶれないものが確立していくと思う。名古屋生活クラブのものを買っていれば、安心安全な品物が手に入り、環境に負荷が少ない商品を選んだことになる。丸投げして暮らすのも悪くはない。しかし、なかなかそうはいかない。私たちが消費者としての実力が試される瞬間は、名古屋生活クラブで買い物する時ではなく、一般のスーパーで買い物する時であり、外食する時だと思う。スーパーで買い物する時に、AとBの商品、どちらを選ぶ?外食する時どの店を選ぶ?その時活躍するのが、生活クラブの情報だと思う。ただ安いからという理由で漫然と選ぶわけではないので、脳はフル活動するだろう。
 こんな偉そうなことを言っているが、年に数回はファーストフード店に行かされる。子どもが景品欲しさにせがむからだ。この時は内心エイヤ!という気持ちだが、子どもが喜ぶので行ってしまう。友達が持っていたりして、完全に親が制するのは難しい。あまり強く否定すれば、友達にいらぬことを言う恐れもある。いろんな意味で良くないことを知ってこわごわ行くのと、何も知らずに何回も行くのとでは、全然意味が違うと思う。1回でも行ってしまえば、何回も行くのと大差がないと言われそうだが、それは違うと思う。現代に生きる人間は、いろんな誘惑や矛盾の中で暮らしている。その現状を認めて、その上でどうするかということが問われている気がする。
 ぜひ、”たねまき”を読んでください。今週はここだけと決めてもいい。難しいところは飛ばして分かるところだけ読んでもいい。忙しくても勉強の時間と思って読んでください。積み重ねればすごい力になります。そして、まだ知らない人に、楽しく伝えてあげてください。何か特別な活動をしなくても、買い物するだけで、人に伝えるだけで立派な活動です。子どもの未来を明るくするために、一緒に勉強しませんか。


名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ