米【生産者の情報】

生産者名:小関俊夫さん
主な生産物:無農薬・低農薬米

26年間無農薬でお米を作り続けてきました。お米はスーパーでお金を払えば買えます。注文すれば 届きます。しかし、勝手にできるものではありません。 太陽、水、土の中の虫、微生物。たくさんのものの力があってできるもの。田んぼに入ることで誰よりもかみしめている人こそ小関さんではないでしょうか? 「“思う”とういう字は田んぼに心と書いて“思う” なんだよ。日本人がずーっと作ってきたお米。 田んぼに入ってこそ見えるものがあるんだ。」そんな小関さんのお米は格別です。

生産者名:中村和夫さん
生産地:福島県
主な生産物:有機・低農薬米

中村さんは自分の稲を他の農家と比較して“寂しい稲”だと言いました。それは使用する肥料分を一般の栽培と比較して少なくしたため、茎の数が少なく、一見寂しそうだからなのだと。肥料を少なくしたせいで収量は一般の栽培に比べ少なくなります。 肥料を減らすことで稲は病気にならず健康に生育します。とにかく病気にさせない、絶対に病気にさせない稲を作るという信念があります。 そしてそのことが結局「おいしいお米ができるんだい」と中村さんは言いました。米の粒にはタンパク質が蓄積されますが肥料によるタンパク質過剰から食味が落ちるの避ける効果があるという訳です。 冬の田んぼは白鳥が舞い降ります。美味しいお米と生き物との共生が息づく中村さん米作り。
2015年大交流会参加者紹介リスト

生産者名:みのふぁーむ・蓑口潔さん
生産地:富山県
主な生産物:有機・無農薬米・にら

コシヒカリの持つ極上の美味しさを最大限に引き出すために健康な苗を疎に植え、深水栽培を行います。肥料は自家製有機肥料(米糠ボカシ、アミノ酸液等)を根、葉から十分に吸収させています。この栽培によって茎が太く稲の葉が硬くなり、病害虫に強い苗に生育します。それが無農薬栽培可能にさせる大きな要因です。海藻等のミネラル肥料(マグネシウム マンガン等)を生育中期で与え、上品でほのかな甘みと香りを持せています。



名古屋生活クラブ

  〒452-0802 名古屋市西区比良2-120 フリーダイアル:0120-72-0251
TEL:052-501-0251 FAX:052-503-0967 e-mail: nsc@athena.ocn.ne.jp >>会社概要はコチラ